十津川村とは

奈良県最南端に位置し、北方領土を除けば日本で一番広い面積を持つ村です。 1890年6月19日、それまで存在した複数の村が合併して、現在の十津川村が 誕生しました。

さらに歴史が古いことでも知られ、古くは紀元前41年に建立 され熊野三山の奥の院として知られる玉置神社や 幕末時代に御所の警備などで 活躍した十津川郷士など様々な歴史を有する村でもあります。


当サイトは十津川村を訪れていただく方へより十津川村を身近に感じていただけるような情報をお届けしようという私の考えで制作しました。

当サイトは私による完全な個人サイト、個人管理になります。