寒さにやられたエスティマのバッテリーを交換しました。

先日の寒波で見事にやられてしまったエスティマのバッテリーを交換しました。

というか、今年に入ってから続けざまに寒波に見舞われ、家の周りの水道の継ぎ手という継ぎ手はすべて抜けまくるし、倉庫の配管は裂けるし、外気温マイナスの中、修復作業をしいられずっと体調悪いです。

加えて、今月始めのホーチミン市【30℃】からの十津川【−3℃】の気温差約30℃はこたえました(笑)

お亡くなりになったバッテリーは前オーナーさんが取り替えたもので、今回はそれより容量アップさせてみました。

某ホームセンターより安くて容量の大きいのがAmazonであったので、それを購入しました。

純正サイズが80D23Lですが、100D23Lにしました。パナのカオスがこの値段とは思いませんでした。

それからこちらを購入。

メモリーバックアップです。バッテリー交換時、補助電源でバックアップをとらないと車の学習データ等リセットされてしまいます。アイドリングが不安定になったりするのでバックアップはとったほうが良さそうです。

家に余ったバッテリーがなかったので自分の軽トラを横付けしてそこから補助電源をとりました。

P 20180218 162750 vHDR Auto

赤で囲った部分に差し込みます。

P 20180218 165104 vHDR Auto

こちらの商品は補助電源が電圧不足だったときはアラームで知らせてくれます。今回は軽トラのバッテリーだったので問題ありませんでした。車内汚れてますが気にしないでください(笑)

バッテリーの交換作業自体は軽作業ですのですぐに終わりました。最近のコンピュータを積んだ車にはこのメモリーバックアップは必須ですね。(うちのエスティマは平成18年製ですけど笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク