お古のPCをSSDに換装!

DSC09206

最近、知り合いからノートパソコンの修理依頼がありました。症状はOSが起動しないとのこと。持ち帰って電源を入れてみると確かにOSが起動しませんでした。笑

ノートパソコンの機種はNEC VersaPro J VR-C。4年ほど前のノートパソコンです。

原因を見つけるのは恐ろしく簡単でした。電源投入後NECロゴが表示された後すぐにエラー表示。HDDが壊れかかってますよ!って感じのエラー表示です。

バックアップは既に取っており、HDD換装だけで直りそうでした。

ですが、せっかくならさくさく動くSSDにしようと思い、Transcend SSD 128GB 2.5インチ SATA3を購入してみました。

HDD取り出し作業

DSC09209

まず、赤色で囲ったバッテリーを外します。

DSC09211

次に、青丸のネジ2本を精密ドライバーで外し、赤色で囲ったナイロン製のつまみを引っ張ります。

DSC09212

HDDの取り外しはチョー簡単です。

DSC09214

上がトランセンド製SSD、下がTOSHIBA製HDD。トランセンドの方はアルミ筐体です。

サイズは同じ…とおもいきや

DSC09219

縦横のサイズは同じ、ネジの位置も同じなんですが、厚みが違います。 SSDは7mm、HDDは9.5mm。

そこで、こちらを購入。

厚さを変えるスペーサーです。粘着テープでくっつけるだけなので簡単に厚さを変えることが出来ます。

DSC09220

見にくいですが、左のSSDの上にある黒い物体がスペーサーです。大体隣のHDDと同じ厚さになりました。

次は逆の順番でSSDを取り付けていきます。

この際、SSDのフォーマットを忘れないように!!

DSC09225

SSDの取り付けが完了すれば、OSのインストールです。終わればドライバ等をインストールし終了です。

以前、自分のMacBook ProをSSDに換装した記事(MacBook Pro2011(Early)のHDDをSSDに換装しました!)を書きましたが、今も現役です。SSDは一昔前のPCをパワーアップするパーツとしては最適ですね。

今回直したPCはCeleronのシングルコアなのでCPUに負荷のかかる作業は厳しいですが、ネットサーフィン、Wordぐらいなら問題なく動きます。
SSD

こちらはSSDのベンチマークです。パソコン自体が古くSATA2接続なのであまり結果は良くないですが、それでもHDDよりかは、かなり早いのがわかります。

古いパソコンを蘇らせるSSD。オススメですよ!!

スポンサーリンク