十津川村の情報屋 > PC関連 > MacBookのメモリを開放! 快適な動作環境を取り戻そう

MacBookのメモリを開放! 快適な動作環境を取り戻そう


*

Mac歴まだ一年に満たない僕ですが、ここでオススメのアプリを紹介します。

それはFreeMemoryです。あなたのMacのメモリをワンクリックで最適化してくれる便利なアプリです。

PhotoshopやIllustratorなど、重いソフトやブラウザのタブを幾つも開いてると”スワッピング”が発生します。メモリの代わりにHDDを使う奴ですね。これによりメモリより遥かに遅いHDDに一時的に情報を書きこむので動作が極端に遅くなります。さらに、SSDを搭載してる人はこのスワッピングには気を付けないといけません。それは、SSDには書き込み上限回数があるからです。これを知らずにひたすらスワッピングが発生してる状況にしておくとSSDの寿命を縮めてしまう事になります。

そんな現象を防ぐことも出来るのがこのFreeMemoryです。

*

こちらが実行前のメモリの状態です。起動中のアプリはEvernote、SparrowLite、夜フクロウ、Thunderbird、Chrome(タブ20個)です。

*

そして、実行後のメモリです。『現在非使用中』のメモリが大幅に減り、代わりに『空き』が増えたのがわかると思います。僕のMacBook Proのメモリは4GBなので、色々アプリを常駐させてるとすぐにスワッピングが発生して、Chromeのタブを開くだけでも虹色フラワーがぐるぐる回ります。そういうイライラを防ぐには最高のアプリだと思います。無料ですしね!

そして、ある程度使ってみて気に入った方は有料のFreeMemory Proもあるのでお試しあれ!

関連記事

Facebookページでも【十津川村の情報屋】があります!今すぐ「いいね!」