十津川村の情報屋 > 動画・写真 > SONY α100を再評価。まだまだ現役の凄い奴。

SONY α100を再評価。まだまだ現役の凄い奴。


DSC7402

最近改めてα100を使う機会が多くなって思ったことがあります。それは、たとえ6年前の一眼レフだとしてもまだまだ現役で使うことが出来るということです。

現在ヤフオクでは中古品が1万円から1万5千円くらいで売りに出されてます。

さらに、標準のズームレンズはちょっと僕的にいただけないので、出来れば単焦点レンズ(僕が愛用してるのはシグマ 30mm F1.4 EX DC デジタル専用 ソニー用
)です。これはAPS-C専用レンズなのでα900やフィルムカメラではケラレてしまいます。注意してくださいね。

正直、街歩きの日常スナップではこの組み合わせで十分です。あと、意外と便利なのがハンドストラップ。ショルダーストラップはカバンに入れる時邪魔になりますが、ハンドストラップなら小さいのでカバンから素早く取り出すことができます。

最後にコンパクトフラッシュorメモリースティックを購入すればOK!すぐにでも撮影に出かけることができます。

以前と比べてデジタル一眼レフの値段は下がってますが、エントリーモデルでもレンズ込みなら6〜7万円くらいすると思います。それに比べて上記のαシステムなら5万円程度(しかもレンズは高画質の単焦点レンズ!)です。

オートフォーカスが遅く、動画機能も無く、エフェクト機能も無いそんなSONY α100ですが、機能がシンプルゆえ「じっくり撮影する楽しさ」を教えてくれます。これはストイックに画質にこだわったα900にも言えますが、α100の魅力はなんといっても値段の安さ、コストパフォーマンスです。

ぜひ、これから一眼レフを始めようと思ってる方、α100という名機も選択の内に入れてみてはいかがでしょうか?今は無きCCD機が魅せてくれる優しい絵は心癒されるはずです。

621380 387664774641213 1429473149 o20121030 DSC0833720121103 DSC0835720121103 DSC08355

関連記事
  • αマウント最強「撒き餌レンズ」をレビュー!

    今日はαマウント最強(個人的見解です)「撒き餌レンズ」シグマ 30mm F1.4 EX DC デジタル専用 ソニー用の使用感をレビューしたいと思います。なぜ最強なのかというと、何と言ってもコストパフ…

  • マクロレンズ購入!!早速試し撮りしてみました。

    久しぶりのレンズ購入になりました。【SIGMA 単焦点マクロレンズ MACRO 50mm F2.8 EX DG ソニー用 フルサイズ対応】 初マクロということで、取り回しがきく50mmを選択しました…

  • 今年はじめての天の川撮影してきました。

    今晩、今年はじめての天の川撮影をして来ました。場所は僕の家から車で2分くらいのところです。今回はα100のポテンシャルを確認するために普段星野撮影には使わないα100も持って行きました。七年前の一眼レ…

Facebookページでも【十津川村の情報屋】があります!今すぐ「いいね!」